本文へスキップ

男性セラピストによるオイルマッサージなら横浜アクアテラス センター南

ご予約・お問い合わせはこちら

ご予約・お問い合わせはお気軽にTEL.045-943-8338
営業時間:10:00〜20:00 定休日:不定休

スタッフ紹介staff

オーナー 笹目修央(ささめのぶお)

自己紹介
1974年、神奈川県横浜市泉区(旧戸塚区)生まれ。中学・高校・大学の約10年間陸上競技に取り組む。
卒業後は、”人のためになる仕事を”と考え製薬会社に入社。大阪に5年、群馬に3年、計8年の勤務後退職。
スポーツを通じて持った”人体の仕組みに対する興味”と、”人が元気になるためのお手伝いをしたい!
という考えからセラピストの道へ。
スクール&サロンアロハヒーリングでスタッフ兼スクール講師・実技を担当。
エステサロンルクールにてセラピスト兼スクール講師を担当。
現在、アクアテラスであなた専属のセラピスト兼チラシ配り兼お掃除当番兼お洗濯係etcとして活動中です。


女性スタッフ 


keiko sayama



1970年生まれ。若いころから自身の肩凝り、腰痛に悩まされ、さまざまな整体やマッサージに通いながらも
自分に合うサロンを見つけられずにいた中、スウェディッシュマッサージに出会う。
痛みが取れる技術と持続する技術、更にリラクゼーション効果もあるその手技に魅了され当スクールにて資格取得。
その後、マタニティーマッサージ、産後骨盤調整、ベビーマッサージを学ぶ。
強い圧が出せるディープティシューも得意。
現在、パナケア赤坂院でもオイルトリートメントメントを担当中


sachiko suzuki



1971年生まれ、兵庫県出身。大阪、仙台に在住歴あり。娘2人。
昔から人にマッサージするのが好きで、 リフレクソロジーなどを習い家族や友人に施術を行う。
きちんとした知識、技術を身につけたいと考え、当スクールに通う。
女性らしい細かな気配りを生かした心地よい施術が得意。 趣味はヨガ。


※女性スタッフの施術はスウェディッシュオイルトリートメントの60分、90分コースとなります。
 常駐でないため、当日のご予約は対応できません。ご了承ください。


オーナーごあいさつ

大爆笑の図
右の写真は『撮影中思わず大爆笑の図』です。
実際の施術中はこんな爆笑することはありません!
…たぶん、きっと。

当店のメニューに整体があるように、
私は整体でこの業界に入りました。

しかし、スウェディッシュマッサージの心地好さ、そして、
受けるたびに確実にカラダが楽になるその技術力の高さに感動し

スウェディッシュマッサージをメインにご提供するサロン
やっていくことを決意しました。

男性セラピストが提供するオイルトリートメントがメインのプライベートサロン

普通に考えますと、ご来店いただくのにかなりハードルが高いサロン形態です。

うちの姉には『そんな怪しいところ私なら絶対いかないっ!!
とお墨付き(?)をもらいました。

そのため、母や姉、友人や友達の奥様、同業者の先輩、後輩、
お師匠さんやお世話になったエステサロンのオーナーなど様々な方々にアドバイスを受け、
女性のお客様にとって居心地の良いのはもちろん、
心から安心してリラックスしていただくための施術、空間を追求してまいりました。
また、実際ご来店くださっているお客さまのご意見も伺い、サロン運営に取り入れております。

お陰様で現在ではご来店いただく82%が女性のお客さまであり、
お選びいただく76%がオイルトリートメント系メニューとなっております。

男性セラピストであるゆえのマイナス面より
男性ならではの手の大きさ、肉厚感、それらが生み出す力強さと心地好さ、
そしてなによりスウェディッシュマッサージ自体がもつ高い技術力
他にはないトリートメントとしてご支持いただいた結果だと嬉しく思っています。

また、雑誌などにも取材していただいたことにより、
客観的な評価として安心してご利用いただけるサロン』と認知していただいたのだと思います。

男性セラピストによるスウェディッシュオイルトリートメントは
横浜では当サロンでしか受けられない技術です。
当サロンにご興味がございましたら、少しの勇気をもってぜひご連絡ください。


趣味について

現役で陸上競技やっています

当店でご提供しているスウェディッシュマッサージは
元々スポーツマッサージの元にもなったテクニック。
ですので、陸上選手やマラソンランナー、ダンサー、バレー、サッカー、
野球などなど…、スポーツに頑張るお客さまも
多くご来店くださっているのですね。

そんな頑張る皆さんを間近にみて、かなり刺激を受けまして、
2009年5月、34歳の時に陸上競技(短距離)に復帰いたしました!

元々大学まで短距離をやっておりまして、400mを専門としておりました。

400mというのは面白い競技でして、短距離走なので全力で走りますが、
全力だと最後までもちませんし、全力で走らないと速く走れません。

ですので、どれだけ楽に速く走れるか?

を追及する種目なのです。

楽に速く走るためには普段の姿勢がとても大事です。

楽に速く走るためには楽に歩けなければなりませんし、
楽に歩くには楽に立てなければなりません。


今現在再び走り始め、またこの業界に入ってから肩こりや腰痛で悩むお客さまのお身体を診させていただいて、
改めて正しい姿勢の大切さを痛感しております。

姿勢の悪さが気になったり、姿勢をよくしたいと思っている方は
お気軽にご相談ください!
陸上競技を通して姿勢についてず〜とず〜とアホみたいに考えてきた私ですので(笑
きっとお力になれるかと思います!

さて、復帰しました陸上競技ですが、
2015年に初めて全日本マスターズに参戦。
4×100mリレー優勝(当時大会新記録)。
4×400mリレー優勝(当時大会新記録)。
400m2位

2016年
4×100mリレー2位。
4×400mリレー優勝(大会新記録更新)。
100m5位
400m優勝

余談ですが、この年でダッシュなどをしますとね、もう笑えます。自然とにやにやしてしまいます。
『ダッシュする』という行為自体のしんどさに思わず笑ってしまうんですね。

朝、早渕川沿いで息を切らし笑いながらダッシュをしている不審者がいたら
たぶんそれは9割がた私です。どうぞお気軽にお声かけください。